· 

寒くなってまいりました。

だんだんと冬の足音が近づいて来ましたね。
皆様、急な寒さで体調など崩されていないでしょうか?
僕は少し鼻風邪を引きましたが、元気です!(笑)

さて、ブログの更新が滞っていた間にたくさんの本番がありました。皆様、ご来場くださいまして、本当にありがとうございました。
写真があるものを載せておきますね🎵
そして二期会公演オペラ、プッチーニ作曲「三部作」、グランドオペラ共同制作、ヴェルディ作曲「アイーダ」も無事に終演いたしました。

「三部作」では一日で二役を演じるという、貴重な経験をさせていただきました。子供に先立たれ、妻に浮気され、最後は浮気相手を殺してしまうミケーレと、親バカ炸裂で悪知恵の働くジャンニ・スキッキという両極端なキャラクターを演じさせていただき、役者冥利につきる幸せな時間でした。
また、声の重さも二つの役で違うので、自分の発声を冷静に分析しながら歌わせていただきました。

三部作が終わると同時に稽古が始まった「アイーダ」、こちらも無事に終演いたしました。
まず一公演目は、札幌に新しく出来たhitaruホールのこけら落とし公演という、名誉ある舞台に立たせていただきました。
こちらは、アモナズロというペルシャの王様であり敵国の奴隷アイーダの父という、難しい立場の役どころでした。
アモナズロのメイクは、だいたい顔を黒く塗ることが多いのですが、普段の自分とあまり違和感なく仕上がりました(笑)
二公演目は神奈川で歌わせていただき、こちらも無事に終演いたしました。これも皆様の温かい応援あってこそです。本当にいつもありがとうございます!
そして先日、通りがかった神社で酉の市が開催していたので、これからも色々なコンサートやオペラ公演に携われるように、また、これからの地方コンサートの成功を祈願して熊手を買ってきました!
皆様、ぜひぜひこれからもどうぞよろしくお願いいたします!

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    はな (木曜日, 15 11月 2018 00:47)

    ブログ更新とても嬉しいです。
    コンサートやオペラになかなか伺えない者として、その感動や素顔を共有させていただけたような気持ちになります。
    ありがとうございました。

  • #2

    ひな (木曜日, 15 11月 2018 09:36)

    ランチコンサートのお知らせを頂きまして、
    お〜 これは紛れもなく エチオピアの王様‼️
    もう一か月もお前になりますが あの日の感激を思い出したくなり。
    無理を承知で二期会事務所にT ELしてゲットした席が 始めてのバルコニーでした(パッテイストー二さんの指揮ぶりがよく見えて 一寸得した感じ)アイーダは古代アフリカのお話だけあって熱気に溢れ、有名なトランペット凱旋行進曲の演奏に対比して 時に流れるフルートやハープなどの優しいメロディー そして優雅なバレエも …華やかなオペラです。第一幕 第二幕 アムナズロさんは 歌唱力演技力とも余人をもって代えがたしと云う存在感を発揮なされていました。 字幕付きでしたので 悲しみ 心の葛藤も良く理解できたので 何倍も楽しめました。
    アムネリス役の清水さんの熱演も 印象的でしたし。
    最後は何回ものカーテンコールに 隣席の(オペラ関係のお兄さん?)につられてスタンデイングオベーション‼️

  • #3

    アロハです (木曜日, 15 11月 2018 20:39)

    今井さんお元気ですか?
    ブログ更新ありがとうございましすo(^-^)o
    鼻風邪~大丈夫ですか?
    オペラ公演、無事終演されましておめでとうございます。お疲れさまでした�
    たくさんのお写真の中で.「アイーダ」アモナズロ役の衣装ステキですね(^_^)V
    今井さんの雰囲気にピッタリお似合いですよ!
    来年は大阪でのオペラ公演
    ぜひぜひよろしくお願いしますm(__)m
    20日マラソンコンサート�それと大阪でのランチコンサート�行きまーす。今日チケット、ゲットしました!今井さんに会えるの今からワクワク…ドキドキ…楽しみにしております!

  • #4

    mako (金曜日, 16 11月 2018 11:13)

    今井さんこんにちは。お風邪を召したそうですが大丈夫ですか。
    大阪のランチコンサートチケット取れました。今井さんに初めて会えます。今からドキドキです!ただ地理に詳しくないので無事にたどり着くでしょうか。
    指折り数えてその日を楽しみに待ってます‼️

  • #5

    マダム ちゃう (金曜日, 16 11月 2018 14:20)

    更新のブログ楽しく拝見させていただきました。インフルエンザ予防注射の影響でしょうか。朝からぐたっとしておりましたが、公演の写真のご利益でしょうか瞬時に体調は回復しまし、キーを叩いている次第です。美味しそうな写真で、「アイーダ」終演後、豪雨に遭遇し風雨に嬲られながらも中華街に走り、華正樓の肉まんと同発のチャーシューをゲットして身も心も満たされことを思い出しました。20日のマラソンが楽しみです。お風邪お大事に。

  • #6

    マダム ちゃう (水曜日, 21 11月 2018 01:12)

    今井さん今晩は。今日はたくさんの素敵な歌と楽しい時間をありがとうございました。熱唱はもちろん椅子の運搬・受付の捥ぎり・観客の接待サービス等々、体力・気力のフル回転でさぞかしお疲れになられたことでしょう。もしかしたら4部の掛け声「どっこいしょ」は本音では?何はともあれお疲れ様でした。ところで、前回もそうでしたが、私にとってマラソンはカルチュアショックでした。作曲家を抽出して比較しながら作品を鑑賞するなど思いもよりませんでした。印象に残ったのはヘンデルの樹木の陰は……と泣かせて下さいで、私の中彼とは異なったイメージでした。2部では断然アヴェマリアです。女声のそれしか知らない私には新鮮?で、男性特に父親の哀感が漂っていたように思えました。亡命者はロッシーニのほうが好きです。訛りのナポリ民謡は不思議な感覚で聞きました。津軽弁・薩摩弁の民謡といったところでしょうか。2月のマラソンが楽しみです。話は変わりますが、入場の方法についてご一考頂けないでしょうか。自由席の場合、グリダーレのように整理券が発行されたら嬉しいのですが、と言うのは先着順に入場となるため、相当早い時間に会場に行きます。ちなみに今日は11時半に着いたところ、既に20人近くの人が並んでいました。ところが先着の人の友人らしき人がどんどん割り込みたちまち30人を超えてしまったそうです(私の前にいた人が念のため数えた結果です)。単独での参加者は食事もトイレも不可能です。私も昼食抜きで帰宅しました。楽しかった雰囲気を壊すようなことを申し上げてごめんなさい。私の地元で開催の今井さんのコンサートで、割り込みの風景を見たことは一度もありません。妄言多謝

  • #7

    東京 さぎ草 11月28日 (水曜日, 28 11月 2018 10:12)

    今井さま
    昨日、演劇×オペラ拝観致しました。抱腹絶倒とまではいきませんでしたが、楽しいストーリーで
    今井さんの演技力、身のこなしの素早さ見事でした。ジムにでも通われていますか?
    11月21日の投稿者のご意見(妄言多謝)は私も大いに賛同します。
    割り込み、席取りは無くなる事は無いと思います。開演何時間も前から並ぶ、真冬の木枯らし吹く季節、身の丈夫で無い方、どう対処したら?
    F.M.ホールの床は平面です。椅子の並べ方を一考して下さい。
    以上、改善策、宜しくお願い致します。

  • #8

    マダム ちゃう (月曜日, 10 12月 2018 01:06)

    当地の歳末の風物詩「前橋第九」を鑑賞しました。ン十年も続く私の年末行事の一つです。今年の「第九」はいつもよりソフトに感じられたのは、私だけではなかったようですが、指揮者故でしょうか?そして私自身もいつになく緊張していました。オーケストラを従えた?今井さんは初めてだったからかも知れません。加えて、連日の過密スケジュールに腰痛、長時間の舞台、支えるピアノも隣にない……となると立ち上がる時激痛に見舞われはしないかなどなど気になりました。そして第4楽章「歓喜の歌」の旋律が流れました。いよいよバリトンのソロに続いて合唱が始まります。今井さんは首を振ったり軽く咳ばらいをしていましたが、指揮者に促されて立ち上がった今井さんの重厚な歌声は場内に響き渡り、私の不安は杞憂に終わりました。今日の今井さんは三日前のグリダーレの今井さんとは全く違う人に見えましたが、アンコールでの田島さんへの優しい思いやりを拝見し、いつもの今井さんと安心した次第です。外に出ると強い冷たい風が吹いていましたが、上気した頬には気持ちよく、満たされた気分で帰宅しました、赤城は初冠雪とか……。