フィガロの結婚〜長野ツアー終了しました!

フィガロの結婚〜フォレスタ長野県ツアー、東御市、大町市、岡谷市と終了しました!
皆様、ご来場頂きまして誠にありがとうございました!!!!

いやはや、フィガロの結婚からは弾丸となりましたが無事に帰宅することが出来ました(笑
フィガロの結婚は前回の演劇×オペラ「マクベス」の新たなコラボレーションで「フィガロの結婚」となりました。
名前だけなら何となく聞いたことがあるモーツァルトのオペラ作品。
でも見たら寝てしまいそうになるオペラ(笑)
でも演劇×オペラで同じシーンをなぞるように融合するかのごとく演出されていくフィガロの結婚はいかがだったでしょうか??

テンポよく、オペラの重いところを吹き飛ばし、演劇の小気味良いところをオペラでデコレーションし、字幕がなくてもアレ?なんとなくわかるかもってなる3時間の作品となったのでらないかと思います。
演出の高橋さんも物凄く良く考えてくださって、こんなにも垣根なく段差もなくつなげていただき、また演技をつけていただき本当に感謝しております。
あ、これは僕ではないです(笑
もう1人の演劇での伯爵役のてらそまさんです🎵
このコラボはいつも本当に勉強することが多く劇団員のひたむきさ、真剣さ、演技の魅せ方、タイミング全てがどうにかオペラに生きないか、と稽古を見ながら勉強して思案することができます。

本当に素晴らしいです。
演劇チームのてらそまさん、落合さん、佐古さん、磯辺さん、矢崎くん、矢島さん、悠々さん、広瀬さん、吉澤さん、加藤さん。
そして高橋さん、斎藤さん本当にありがとうございます!
その熱量をオペラに持っていけるよう努力してまいります。

そして、長野県ツアーも無事に終了しました!
今回のフィガロの結婚で改めて感じたことをどうにかフォレスタの舞台でも使えないかなと考えてちょっと試みたりしてみました(笑
真っ直ぐ立ってる時に考える限りの事を動かないなりにやってみようと思い、これからどうにお客様に活きていくか楽しみでもあります🎵
それでは皆様ご来場頂きまして誠にありがとうございます!!


コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    木偶坊 (月曜日, 19 9月 2016 07:42)

    『フィガロの結婚』フィガロとスザンナが主役と思いきや?取り巻く悲喜劇の中心はやっぱり伯爵と伯爵夫人(^^♪
    今井さんと石上さんの熱演に圧倒されました(^^♪(^^♪(^^♪
    てらそま伯爵・服部伯爵夫人をはじめ演劇の皆々様の熱演によりSTORYが手に取るように理解できました(^_-)-☆
    面白おかしく観劇を楽しみました・・・3時間猶予の熱演がアッという間に終演(´;ω;`)ウゥゥ
    腹を抱えて楽しんだおかげで、便秘が治りました☺☺☺

    matsu様のreportが素晴らしく、演劇全体の様子が目に焼き付くようによみがえります
    アリガトウございました


  • #2

    江木 (月曜日, 19 9月 2016 08:48)

    ハードスケジュールお疲れ様でございました。
    シモン ボッカネグラでは涙し フィガロでは余りの可笑しさに笑いじわを心配しながらの観劇でした。一度その好色伯爵をどう表現されるのか観てみたいとの念願が叶いました。想像以上の伯爵さまでした。毛ぶり?など最高でした。石上さんの伯爵夫人のしぐさの可愛いことマクベスとは違ったお二人の新しい一面に胸躍りました。演劇とのコラボスーッと入っていけてこれまた最高でした。有難うございました。

  • #3

    蕎麦の花 (月曜日, 19 9月 2016 11:17)

    怒涛の・・・ が終わるや 間なしのオペラ、コンサート。 本当にお疲れ様でした。
    長野の一部は俊輔さんのお名前がなかったので チケット購入しなかったのに ご出演だったんですね。  しかも私の大好きな「高原の宿」を歌われたとか? 旧バージョンは何回も聞きました。 新収録が早く見たい(聞きたい?)です。 

    大町への農道は両側に稲穂や蕎麦畑が青く、白く、、、 そして 日本アルプスの山並みが近くに迫っていて、とても空気の良いところ。
    来週 帰郷します。

    今度は北海道・・・  くれぐれも体調にお気をつけくださいませ(^0^;

  • #4

    ひな (月曜日, 19 9月 2016 14:53)

    昨年の 演劇 + オペラ「マクベス」とは かなり違った趣向の 「フイガロの結婚」でした。
    この結構ややこしい演目を 今回は どうゆう風に コラボなさるのか? 興味しんしんで参りました。
    それが、先ずは、マクベスでお馴染みの磯部さんはじめ、演劇の方々のおかげで とても分かりやすく オペラ陣ものりのり、 面白くて 愉快で 舞台と観客が 一緒になって 楽しんだ感じでした!
    このような企画のお陰で 私達は いつの間にか オペラの深みにハマってしまうのです。
    素人とは

  • #5

    ひな (月曜日, 19 9月 2016 15:06)

    待ちどうしくて、スペル 間違えました!

  • #6

    ひな (月曜日, 19 9月 2016 15:37)

    何時になったら ちゃんと

  • #7

    ひな (月曜日, 19 9月 2016 16:50)

    申し訳ありません 、何故か 今日は 途中迄しか 飛んで行ってくれませんので 諦めます。

  • #8

    独活の大木 (月曜日, 19 9月 2016 17:37)

    楽しい解りやすい舞台を観せて聴かせていただき有り難うございました。

    演劇×オペラ『マクベス』は会場の都合で伺う事が出来ませんでした。今回『フィガロの結婚』はギリギリで連れて行ってもらえるこ事になり、10日ほど楽しみに待っていました。

    伺って本当に良かったです、演劇陣の本筋をはずさない程度のアドリブ満載の後をオペラ陣流れを壊さないように上手く演じられる、今まで原語演奏忙しく動かしていた目も、舞台に集中しておりました。

    今まで見せていただいた事のない役柄、どうしてこんなに上手く役に馴染まれるんだろう、と思って観させていただきました。

    息子が「オペラ全然わからない俺でもめちゃ楽しかった、こんなのだったら何時でも見たい」と言っておりました。

    またあちこちとコンサートが続きます、お体大事にしてください。

  • #9

    J子 (月曜日, 19 9月 2016 18:31)

    フィガロ、面白かったですねー。誰よりも今井さんが楽しんでいる様子で、それが客席にも伝染して一気にリラックスしていました。てらそまさんの演技を見ながら「エー、これを今井さんが⁈」とワクワクドキドキ。好色な伯爵さまの演技は俳優さんに勝るとも劣らないほど板に付いていました。今回の役は「うーん‥‥素ではない」そうですが(笑)、 自分と違う性格の役の方が演じやすいって言いますよね。稽古中から好奇心いっぱいに吸収されたのでしょうね。アドリブもあったように感じました。皆さんの演技に集中し過ぎて今井さんの歌を聞き逃してしまいそうでしたが、しっかり全体を締めているようで「やっぱりいいなぁ」と満足して帰りました。
    胸に響いたマクベス、胸にもお腹にもドーンと来たフィガロ、次はどんなコラボを、どんな今井さんを見せてくれるのでしょう。

  • #10

    ちぃちゃん (水曜日, 21 9月 2016 22:06)

    「フィガロの結婚」とても楽しかったです。こんなにずっと笑っていて大丈夫かしら?と心配になるほど、楽しい時間でした。二人で演じる登場人物が舞台の上ですれ違い、一緒に演技したり、脇に陣取って観客のように互いを眺めたりと眼にも楽しくて、演劇とオペラの場面が、時に重なり、時にその続きだったりと、わかりやすくて、同時に記憶や想像力を刺激される舞台でした。終盤の演劇でのスザンナの静かな進言から、オペラの伯爵夫人と伯爵の互いを慈しむ抱擁、大団円へと、本当に演劇とオペラが一体となって、胸に迫ってきました。
     開場を待っているときに、今井さんのことをご存じない方とお話する機会がありました。私が関西から観に来ていることに驚いておられましたが、「フィガロ」をご覧になられた今、きっと伯爵さまのファンになられたことと思います。

    これからもお忙しい日々が続きますが、どうかお体に気をつけて。