2人のバリトンによるコンサート終了しました!

ブログが大変滞りまして大変申し訳ありません。
2人のバリトンコンサート終了致しました!
CDの梱包も今、全力でやっておりますのでもう少々お待ちくださいませ!!

2人のバリトンコンサート、今回はリゴレットを題材に取り上げてみました🎵
なかなか難しい演目だったとおもいますが、少しでも楽しんでいただけたら幸せです。


リゴレットにはヒロインが欠かせないため今回は内海さんにご協力頂きました!
そして一瞬ですが上本にも(笑
色々サプライズで少しでも楽しんでいただけたでしょうか?

今回も川村さんと2人で手作りの演奏会でしたので、多々ご迷惑があったかもしれません。。。
プログラムは川村さん。
字幕の入力と背景を作成は今井が行いました。

二人ともバリトンとして一つの信念を持って毎回コンサートを行っております。
その熱をただでさえわかりづらい、敷居の高そうなクラシックをお客さんみ見やすく、わかりやすく、コンサートに足を運びやすいものになっていったらいいなぁと思っております。
開演前にはスクリーンに舞台となったマントヴァの風景、リゴレットの家、スパラフチーレの家、リゴレットを代表する歌手など映写しておりましたがお気づきでしたでしょうか(笑

リゴレットのお家のシーンではマントヴァにあるリゴレットの家の中庭を写してみました🎵
これからも色々と企画をしてお客様と一体で楽しんで参りたいと思いますのでよろしくお願い致します。
それではご来場いただきまして誠にありがとうございます!!!!

コメントをお書きください

コメント: 11
  • #1

    木偶坊 (月曜日, 04 7月 2016 20:11)

    とにかく、素晴らしいの一言(^^♪(^^♪(^^♪
    内容は、小生ではcommentすることが憚れます(+o+)
    どうか、皆さんのREPORTを楽しみに待っております☺☺☺
    帰りには、新幹線の終列車にゆとりをもって乗れました
    帰宅時間は翌日の01時:::満足・満足の夢を見ました(^^♪(^^♪

  • #2

    友吉 (月曜日, 04 7月 2016 20:53)

    今井さん お疲れのところ 素敵な写真UPありがとうございました!
    思いがけないゲスト様で盛り上がった事でしょう。 木偶坊さん良かったですね!
    今回行けなかった事 悔しいやら、情けないやら・・・ 逃がした魚は ホント 大きかった!!
    次回が もう待ち遠しいです。

  • #3

    ちっち (火曜日, 05 7月 2016 08:01)

    こんにちは。
    楽しかったです。わたしは「リゴレット」を観たことがなかったので、このコンサートが「リゴレット」を題材にすると知って5月頃観る機会があったので勉強のつもりで観てきました。
    おかげで今回の内容がとてもよくわかりました。予習は大事!
    リゴレットの怒り・ジルダの悲しみ、よくわかりました。
    そして、上本さんありがとう。「女心の歌」はどうなるのだろう?と思ってましたらサプライズ!!
    うれしかったです。
    それにしてもこの物語はわたしには疑問だらけです。ジルダがあまりにも哀れ。
    また勉強します。
    次はどんな題材でしょう。楽しみです。
    ありがとうございました。

  • #4

    tori (火曜日, 05 7月 2016 14:54)

    ありがとうございました。
    可愛いジルダと二人の父親(ちょっと若い…笑)
    どなたも熱演で、素晴らしい舞台でした。

    これだけご苦労されて、一回きりの上演とは、まあもったいない、
    …と、いつも思います。もういちど、観たいです。

    友吉さんのように、お魚逃がした方のためにも。

    上様のサプライズ出演、贅沢でしたね。

  • #5

    yoko (水曜日, 06 7月 2016 00:15)

    フォレスタを通してクラシックの素晴らしさを知り、今や夢中です。会場に響きわたる歌声、迫力満点。皆様本当に素晴らしかった。今年はガラコンサートが中止とのことで、がっかりしていましたが今井さん、川村さん内海さんのクラシックを堪能しまして満足度200%です。もう次回が待ちどうしいです。
    今井さん、お忙しいのにCD 催促してしまいご免なさいね

  • #6

    ひな (水曜日, 06 7月 2016 00:19)

    なんと悲しい結末の物語でしょう!ヴェルディさんすごい! ときに激しくはぎれよく、時に哀しげに美しい旋律で。
    色々な意味で すつかり オペラリゴレットの 虜になつて仕舞いました。
    烟りが眼にしみる(私の聞き違いでなければ) 程の 川村さん今井さんの熱演ぶりに あれこれ言わず、ただ もう一度 聴かせて頂きたいと申し上げます‼️
    お二人の低音の魅力を心の中にしまつて置けますが、耳にはとどめておけない 一回きりのもどかしさ。
    開演一番の重唱、その後にも何回かの重唱もハーモニーが心地よく 大好きです。

    今回の三つのサプライズ
    あの有名な「 女心の歌」が 哀しい物語のアリアとは 恥ずかしい事に知りませんでした。
    公爵様 そんなにかろやかに 歌つては ジルダが 可哀想!
    思いがけず フランス革命の士が 現れて 熱唱されたので 頭が混乱しました。
    内海さんの ジルダは 本当に 適役 で 素晴らしく、 最後に素敵なドレスで 舞台がパーツと 明るくなりましたね。

    今回は珍しく 会場から開幕まで 1時間 あつたので とても詳しく 良く出来ていたプログラム
    (川村さん有難うございました)をしつかり読む事が出来 感激しました。野崎さんのデザインも素敵。

  • #7

    J子 (水曜日, 06 7月 2016 01:12)

    お疲れさまでした。難しい題材で心配されていたようですが、本当に楽しかったですよ。川村さんとお二人それぞれのリゴレット。短時間で見比べるというよりも両方楽しめたお得感がありました。スクリーンの背景はリゴレット家の中庭でしたか。ぼんやり眺めておりました。
    二人のバリトン歌手によるコンサートも5年で8回目なんですね〜。ファンの間では「ツーバリ」で通るほど定着していますね。毎回毎回テーマを決めて新しいものを見せて下さる。嬉しい限りです。今回のオペラ仕立ての二人のリゴレットもお二人ならではの親しみやすさで新鮮でした。そして素敵なプログラムも大好きです。クリスマスの頃と予告された次回が楽しみです!

  • #8

    ひな (水曜日, 06 7月 2016 10:30)

    今井さん ゴメンナサイ 昨夜は時間切れになつてしまつたので もう少し…………
    字幕、背景 全部ご自分デザインなさつたとは 、お若いとはいえ お疲れ様でした!
    もうこれからは 予習なんかしていきません。開幕前からの 美しいスクリーンは私達を 徐々に オペラの世界へと 誘なつてくれ ミラノのスカラ座に居るような気分

  • #9

    ちぃちゃん (水曜日, 06 7月 2016 20:49)

    大変お忙しいなか、更新ありがとうございます。
    終演後、お疲れでしたのに、お写真もありがとうございました。
    2人のリゴレットとジルダ、とても素晴らしかったです。慈しんで育てた愛娘への
    切ないまでの愛情が心に迫りました。今井さんのスパラフチーレ、とてもニヒルで
    素敵でした!
    リゴレットは、今井さんのコンサートでアリアをお聴きして、その後機会があり、
    ライブビューやテレビで観ていたので、ストーリーは知っていましたが、やはり
    生の舞台での演奏をお聴きすると、本当に引き込まれてしまいます。
    復讐を誓うリゴレットが、必死で止めようと懇願するジルダを振り切る切迫した
    場面から一転、内海さんに優しく手を差し伸べられた時の今井さんのいつもの
    笑顔に、胸が一杯になってしまい、何故か泣きたいような気持ちになりました。
    もう少し長く観ていたかったなぁ…と今でも思います。
    今回、初めてツーバリに来られた方もご一緒でしたが、本当に楽しんでおられました。
    ありがとうございました。

  • #10

    江木 (日曜日, 10 7月 2016 07:36)

    思わず舞台に引き込まれました。言葉がありません。切にもう一度聴きたい観たい気持ちでいっぱいです。有難うございました。。昨日のメールで2月のトスカをチケット担当の妹に行きたい旨を伝え早速今井さんに予約したと連絡ありました。楽しみでございます。この歳になり新たな趣味の世界を持てましたことにも感謝申し上げます。

  • #11

    うば桜 (水曜日, 13 7月 2016 11:08)

    以前のホーメページのほうが見やすかったと思います。