フォレスタラッシュ終了致しました!

フォレスタコンサートラッシュ終了しました!!
皆様ご来場いただきまして誠にありがとうございます!
いやぁ、静岡県森町から始まり、よみうり大手町ホール、羽村市生涯学習センターゆとろぎホールと怒涛のように続きました(途中に鳴門を個人的に挟みましたが(笑))
森町は綺麗なお花が飾ってありました🎵
かわず桜もあって、男声側にこういうお花があると、すこし華ができますね(笑

なんといっても男声はお色直しできませんから(笑)
こうやって毎回ホールを変わってまた、大人数でアンサンブルをしてとなると、ホールによって様々な問題が出てきます。
音楽側は音と音楽を重視してお客様にちゃんとした音楽を届けることが第一。

でも、舞台側は後ろの照明やピアノとの間隔とか僕達のステージ位置に神経を使う。。

どっちも大事でどっちも譲れないのでよくバトルになります(笑)
でも、それはみんなで良い舞台を作ろうということであって、最終的には同じ方向でどっち妥協せず、でも最終的には勝ち負けではなく、折り合いをつけていかなきゃいけないんだなと毎回思います。

でも、僕は音楽の人間で、お客様は音楽を聴きに来てると思っているんですけどね(笑)
でも、魅せ方は様々です。

舞台から遠くも近くても、ピアノが近すぎても違和感がありますからね。
なかなか難しいと課題です🎵
あ、この写真はよみうりホールです。
ポピュラー協会が主催してくださる公演の音楽作りは非常に素晴らしく、舞台監督さんは舞台側、音楽側から両方見てくださる天才的な方です。
本当に尊敬してます。

実は以前から知っていて、僕が東京芸大で学生をしている頃から東京芸大奏楽堂の舞台監督さんでもあるんです!
新奏楽堂は芸大の中にある新しい方のホールで、オペラ公演、コンサートも舞台監督として入ららています。
そんな方がポピュラー協会に属してらっしゃって、オペラ、クラシックだけでなく、ポピュラーの方の音楽作りまで幅広く柔軟に活動をしているなんて、本来フォレスタの姿の活動を地で行かれていて、お会いするたび感動ものです!

そして、羽村市生涯学習センターコンサートも終了致しました🎵
皆様連日応援に駆けつけていただきまして誠にありがとうございます!
なるべく、なるべく似てきてしまっているプログラムでも毎回楽しんでいただけるように、ニュアンスだけでも、音楽を少し変えてみようとしたりしておりますので、これからもよろしくお願い致します。

羽村市の美味しいお水、美味しかったです(笑)

実は羽村市。
この近くにある小平市に8年くらい住んでいたのでかなり!懐かしかったです。
この辺に詳しい川村さんに加え、玉川上水に住んでいた榛葉ちゃんと懐かしい話で盛り上がってしまいました(笑)
それで、みんな行っていてもしかしたらどこかであっていたかもしれない懐かしのラーメンを食べて帰宅となりました(笑)
それでは皆様!
ご来場いただきまして誠にありがとうございます!!

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    一ファン (月曜日, 07 3月 2016 00:31)

    怒涛のブログ更新ありがとうございます !(^^)!

    今後も続く怒涛の全国巡業フォレスタツアー!!

    同じ行程をたどるファンの方々のような体力も財力もありませんが(笑)
    近場でささやかに応援しています。
    顔見知りでないファンにも公平に笑顔を向けてくださる今井さん、応援していますよ!!

    くれぐれもお体大切に。  

  • #2

    J子 (月曜日, 07 3月 2016 01:21)

    お疲れさまでした。コンサート直後の更新ありがとうございます。舞台造りの話って面白いですね。それぞれの立場で譲れないものがあるんですねー。
    森町の河津桜が見事でした。とても温かで楽しい雰囲気のコンサートの上に今井さんと握手が出来ました。。だもんで、(正しい使用法です )一緒に行った叔母たちも大喜びでしたよ。
    気になった点を一つ。男声側の前方隅に置かれたスピーカーが女性の声をかなり強めに流していました。私の席はやや右よりの前方でしたので、舞台左右からの女声の間で男声のハーモニーを楽しむという珍しい体験になりました。もちろん今井さんの声を聴くのにはなーんも支障はなかったですが(笑)。
    大手町のノーマイクでのアカペラ、これが聴けるから適度な大きさのホールが好きです。
    ファンの体力を気遣ってくださるのは嬉しいですが、メンバーの皆さまこそ、元気に怒濤のコンサートを楽しんで下さいね!!!

  • #3

    tori (月曜日, 07 3月 2016 13:21)

    フォレスタラッシュ(笑)お疲れさまでした。また、ありがとうございました。
    舞台裏での、音楽側と舞台側のバトルのお話など興味深いです。
    ポピュラー音楽協会の天才的な舞台監督さんのことも。
    こうした見えざる所での、たゆまぬ積み重ねがあって、耳にも目にもうれしい舞台が作り上げられるのですね。

    羽村市に、今井さん、川村さん、榛葉さんもご縁があるとは。
    その辺りのお話もうかがいたいものです。
    その、野趣ある(?)ラーメンと、お店の雰囲気がなんともいえません(笑)

  • #4

    ひな (月曜日, 07 3月 2016 22:20)

    第2部は どーんと華やかに《まつり》でスタートしましたね〜
    そこで珍しいことに 曲の途中で 大きな拍手がおきてしまいました。 一瞬メンバーの方々に失礼だつたかなと思いましたが……… でもこれは、激しい河の流れを堰き止めることが出来ない自然現象のようなもの、どうぞお許し下さいませ、
    それほど今井さんのほとばしる迫力は すごかつたのです!
    舞台と客席が一体となると何倍も楽しくなつてしまいます。
    今夜のフォレスタは 最高、海その愛 最高‼︎

  • #5

    ちぃちゃん (木曜日, 10 3月 2016 22:41)

    お忙しいなか、更新ありがとうございます。
    大手町のコンサート拝見いたしました。早春の、お雛祭りにふさわしいプログラムで、はなやかな
    気持ちになりました。フォレスタのコンサートは何度か拝見しているのですが、開催される場所や、
    会場、ホールによって、それぞれにご苦労があるのだろうなと思います。いつも最善のものを届けて
    くださろうとする皆様の思いは客席におられる方々にも伝わっていると実感しています。湧き上がる
    拍手も、拍手したかったけどタイミングが合わなくて…というもどかしい気持ちも、客席にいて熱気の
    を感じています。いつも、夢のように過ぎる時間です。
    最後に歌われた曲「花は咲く」で司会の石川さんが作詩された方の想いについてお話されました。
    9年前の春に亡くなった友人のことが思い出され、切なくなりました。もしかしたら一緒にファンになって、
    隣に座っていたかもしれません。彼女の叶えたい夢はなんだったのかな、今どこかで私のことを見て
    いてくれているかなぁ、と演奏を聴きながら思ったりしました。大切な人を失った悲しみは何年経っても
    忘れられるものではないけれど、穏やかに響く音楽と声がその悲しさを優しく撫でて包み込んでいく
    ような気がしました。お聴きしながら、あなたが残したものを私はちゃんと知ってるよ、大事に持ってるよ。と心のなかで答えていました。でも、一緒にコンサートに来られたら本当に楽しかったのにな、といつも思います。きっと二人で今井さんに、きゃあきゃあ言っていたんじゃないかと思います。

    来週から、またコンサートラッシュですね、寒暖の差が激しい今日この頃、
    どうぞ皆様お体に気をつけてください。

  • #6

    kanae (金曜日, 11 3月 2016 09:25)

    今井さん、お久しぶりです。
    昨日は多治見でのコンサートへ行ってきました。
    今井さんと指タッチ出来たのが嬉しくて、更新を待たずに書き込んでしまいました。
    ありがとうございました(^0^)
    お体を大切にお過ごし下さい。

  • #7

    益田かずみ (日曜日, 10 4月 2016 21:41)

    今井さん初めましてお声と歌唱力にしびれ6月の大阪心斎橋大丸コンサート是非とも行きたいのですがチケット取れるか心配です。