公開収録終了致しました!

フォレスタ公開収録スペシャルコンサート終了いたしました!!
ご来場いただきましてまことにありがとうございます。
あっという間に駆け抜けて、気付いたらもう終わっていると言ういつもの一大イベントです。
今回は全く写真を撮ると言う余裕もなく、この記事に関しては音の写真はありませんのでご了承くださいませ(笑
この公開収録と言うものはメンバー一同皆とても緊張して臨んでおります。と言うのもいつもと同じコンサートと同じ雰囲気でいければほんとは良いのですが公開収録と言うのもありいつもの2,000倍ぐらいは緊張しております。
この緊張はいつものコンサートはものすごい数のスタッフが携わっているということもあります。中継車が外にもありそうで音声のミキシング8や映像のカット割りなどがなされております。
そして会場で聞かせるための音声スタッフ照明スタッフなどたくさんのスタッフに囲まれています。
お花1つにとってもそのスタッフがいるわけでいやでも緊張感が漂います(笑
もう1つ本番収録後、テレビなどされるためには字幕と言うものがありますですのでここでは一言一句間違えることができないと言う状況があります。
1番ネックなのは言葉の助詞などがずれてしまった場合などですね(笑
「を」を「は」と言ってしまったり語尾が間違えてしまった場合でも、チェックをし取り直しと言う形になる場合もあります。
公開収録と言うだけあって生物+収録というライブ感覚と言うこともありできることならば全て間違いずに100%行けることが望ましいのです(汗
そんなわけでメンバー一同暗譜に命を削っているような感じです(笑
撮り直しとなると全何百人というスタッフさんたちに多大な迷惑をかけてしまうというのもあり。とにかくミスをしない、なおかつ音楽もしっかりつくると言う形になっております。
そんなこんなで、皆んな気合いが入りまくってさらには空回りという事態まで起こってしまうんですね(笑

今回は空回りが起こりガチガチになり発声が崩れるという頭の悪い事をしてしまいました。。。
イタリアの師匠が「体の調子が悪いって言い訳はしないの、頭の調子が悪いって言いなさい」なんて言葉が脳裏によぎった瞬間でもありました(笑



フォレスタ公開収録稽古写真の再び転用です(笑
僕たち、そして全てのスタッフの方々も全員が総出で1個の番組とコンサートを一気に作り出すというものは相当なものだとは毎年実感するので年々、緊張感が増してます(笑

ただこちらが緊張してるとお客様も緊張してしまうので今後の課題の一つかなぁと思います。
お客様がお客様のしたい時に拍手をしてもらえるくらいしっかりコンサートとの時に肩の力がおろせるくらい頑張っていきますね。
「麦と兵隊」のソロが終わった時鳴らないように精一杯拍手してくださってた方も何人かいらっしゃって、本当に嬉しかったです。
今度はそう噛みしめる思いもさせないように、コンサートとして過ごしてもらえるように頑張りますね。

ご来場いただきまして誠にありがとうございました!

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    ちっち (金曜日, 23 10月 2015 22:39)

    こんばんは。
    お疲れさまです。今井さん達がものすご~く緊張された公開録画、と~ても楽しかったです。
    今年もチケット、当選しました。うれしいヽ(^o^)丿
    久しぶりに聴いた「異国の丘」「麦と兵隊」「同期の桜」好きなんです。「丘を越えて」が楽しかったです。
    みんなで合唱も楽しい(^_^)/
    わたしがこんなに楽しかったのは、今井さんたち皆さんの苦労のおかげ。
    ありがとうございました。

  • #2

    bea- (日曜日, 25 10月 2015 16:01)

    こんにちは。

    色々な舞台を、踏まれた今井さんでも 公開収録がこんなにガチガチになって、緊張されるのかと
    意外です。 裏で大変な思いをされて要るんだなーと、思いました。 そう言うのを かみしめながら、放送を楽しみに見させて頂きます。 丁度月曜日 ですので、3時間の放送になるのですね。
    28日の、京都*中丹は ほんの少しだけユルユルと、楽しんで下さい。公開収録はありませので・・・^^ 
    去年の、中丹は出演メンバーに 今井さんのお名前がなく、本当に本当にガッカリしました。 
    あと3日。 
    風邪も治り 元気にお会いしたいと思います。

  • #3

    ちぃちゃん (月曜日, 26 10月 2015 13:46)

    公開収録本当にお疲れさまでした。幸運にもはがきが当選し、会場で拝見することが
    できました。会場は、なにか空気がぴーんと張りつめたような雰囲気でしたが、辛くなる
    ものではなく、一つの番組を作り出そうとする出演者やスタッフの皆様の意気込みが
    伝わってくるような、高揚感のあるものでした。
    一曲、一曲、いつもより緊張してお聴きしながらも、やはりなにもかも忘れてうっとりと
    して、あっという間に終わってしまいましたが、放映で、もう一度観ることができるんだ
    なあ、ととても嬉しい気持ちで帰途につきました。
     急に寒さが増してきました。寒暖差が大きいこの頃です。どうかお体ご自愛ください。

  • #4

    matsu (木曜日, 29 10月 2015 00:56)

    2000倍の緊張・・・ですか~
    想像もつきませんが、
    やり直しのきかない生演奏+ながきに渡って残る映像
    みなさんプロとはいえ、やはり大変でしょうね。
    しかも個人ではなくグループですから何かあったら責任重大
    お疲れがどっと出ていませんでしょうか?

    12月の放映を楽しみにしています、
    朝晩冷え込んできました、お体とガラスの声帯をどうぞお大事に!