フォレスタピアノコンサート

フォレスタピアノコンサート終了致しました!
ピアノメンバー、女声メンバーの皆様昼夜お疲れ様でした。
そしてご来場頂きまして本当にありがとうございます♪
入念に音合わせと会場の響きをチェックしつつ本番に臨むピアノチーム。
2台ピアノを使う事は本当に色々な下準備があるんですね。
例えば、、、。
調律に単純に2倍かかる(笑)
一台一台癖のあるピアノを統一させていくということですね。
今回はスタンウェイとヤマハだったのですがメーカーが違えばお願いする調律師さんも違うといったかんじです。
調律は大体1時間半位かかります。
調律師さんにもよりますが最後までピアノのタッチや跳ね返りなどを演奏者に合わせて調整してくれるという大変な裏方です。

ピアノは練習会場と違うピアノを使いますし、持ち運びが出来ないので調律師さんは本当に重宝します。僕も専用のトレーナーさんが欲しい、、、。


もう一つはピアノが起きるまで弾き続ける必要がある時がある。ということですね。
起こし過ぎてもダメなのですが、場合によっては開場の直前まで弾き続けなければならないという大変な作業があります。
ピアノメインのコンサートですし、その辺りは注意して準備をしたりと神経を使っているようです。

それだけの下準備をしたのですから成功しないはずはありませんよね♪僕は今回はピアノの譜めくりとして参加させて頂いたのですが、その熱を削がないように失礼のないように譜めくりしました(笑)

意外と大変なんですよ(笑)

・少し遠くから楽譜を追わなければならない。
・2台ピアノだから2段飛ばしで楽譜が進むと念じておく♪
・ピアニストの頷く瞬間を見逃さない(しない人もいます)
・ピアニストは3小節は先を見ている事を考える。
・だからめくる時は物凄いスピードでめくる!!

です(笑)
めくるのはスピードが命ですね♪
オペラの稽古ピアニストが楽譜が吹っ飛ぶ位の勢いでめくって!!って言っていた記憶があります。

今度は演奏会に行った時に譜めくりさんの様子も見てみてくださいね♪

本当にお疲れ様でした!


※今回の写真の印刷は遠慮させていただいております。
今井の写っているもので印刷可能のものはお問い合わせくだされば、印刷用のものとしてデータをお送りいたします。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    くんちゃん (月曜日, 06 4月 2015 08:09)

    澤田さんが、ピアノチームコンサートの応援に行ったと言っておられましたが、と、言う事はFORESUTA総力戦だったのですね。
    音楽の解らない「くんちゃん」も、納得の解説でした。
    今井さんが楽譜めくりをされている姿が目に浮かび、「フッ」笑ってしまいました。
    譜めくりの姿を想像するだけで、こんなに幸せになれるんですね。

  • #2

    tori (月曜日, 06 4月 2015 09:42)

    さっそくの更新、たいへん興味深いお話、めずらしいお写真、有難うございます!
    音楽がわからないながら、皆さまのご苦労の一端が垣間見られるような気がいたします。
    ぜひまたこんなお話を聞かせてください。今井さんご自身のことについても。
    ピアニストさん達の疲れながらも満ち足りた笑顔。パーカッションのお嬢さん達も。
    譜めくりは榛葉さんがと他の方のブログでうかがいましたが、では夜の部は今井さんが?
    大宮で川村さんの譜めくりを拝見しましたがほんとうに真剣な表情でしたね。
    そして男声の方々はDVDの売り子さんをなさったとか!それは見ものでしたでしょう(笑)

  • #3

    J・M (月曜日, 06 4月 2015 16:06)

    昼間のコンサートに行って来ました。
    譜めくりの時の今井さんの真剣な表情 とても素敵でかっこよかったですよ。(^◇^)

  • #4

    matsu (月曜日, 06 4月 2015 18:34)

    ピアノコンサートの舞台裏話(*-*)、ありがとうございます。

    ピアノは調律が大切、という話はよく耳にしていましたが、
    コンサートとなるとさらにさらに大変なんですね~~。
    タッチやはね返りまで調節するとは知りませんでした。
    何よりも大変なのは、本番で練習とは違うピアノを弾く事なのですね・・

    今井さんはご自分の体そのものが楽器ですが、
    声のトレーニングのほかにどんな訓練や調整をなさるんでしょうか??
    いつか聞かせていただけたら嬉しいです、企業秘密かしら(^×^)

    いつもは縁の下で支えているピアノメンバーにスポットライトが当たるのは
    良いことですね~
    それにしても、日頃忙しい男性メンバーが裏方のために駆けつけて下さるって
    ・・・胸が熱くなります!
    このような今井さんはじめ皆さんの気持ちの暖かさが、
    フォレスタの「心に響く美しいハーモーニー」の源なんですね!!

    次回からは譜めくりの方にもしっかり注目します!
    でも今井さんは「楽譜が吹っ飛ぶくらいの勢い」でめくらないで下さいね、
    客席まで飛んでいってしまいそうですから(><;)

  • #5

    J子 (月曜日, 06 4月 2015 20:59)

    今回の記事、切り口が新鮮で面白かったー。
    さすがはピアニストと近くにいらっしゃる歌い手さんの視点、思わずnice!です。
    公演間近になって出された男声メンバーの出演情報に、慌ててチケットを買い求めた方も大勢いましたが、譜めくりとDVD販売促進の出演だったのですね(笑)これはなかなか見られないかもしれません。客席からのメンバーの応援にも増して、ピアニストの皆さんは心強かったことでしょう。
    次のコンサートでは、譜めくりの方に視線が集中しそうですね(笑)

  • #6

    tori (火曜日, 07 4月 2015 08:48)

    ああ、譜めくりは榛葉さんと交代でされたのですね<(_ _)>